2017/10/06

『Apple Watch series3』購入!どのモデルを買うべきか?僕がスペースグレイアルミニウム(GPS)を選んだ理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。Apple Watch series3をポチったヨウカン(@youkan0302)です。

2017年9月22日、第三世代となる Apple Watch series3 が発売されました。ぼくは初代モデルを使っているということもあって、購入を迷っていました。通知機能をメインに使っているので、あと一年ぐらいは初代でもいけそうな気もしましたが…

昨年末、ヨドバシカメラでMacBook Pro2016を購入したときのポイントが大量に残っていたことが発覚。買ってしまえー(・∀・)!

ポチッとね。

そんなわけでApple Watch series3購入。今回はApple Watch series3を購入するにあたり、僕が選んだポイントを独断と偏見でご紹介します。購入を迷っている方の参考になれば幸いです。

Apple Watch series3 どれを選ぶ?

applewatch-2017092201

今年発売されたApple Watch series3は、多数の製品ラインアップが存在します。どれを選んでもハードウェア性能は一緒です。

よって、選ぶべきポイントは…

  1. 本体の素材とカラー
  2. バンド
  3. GPSモデルかGPS+Cellularモデル

上記3点を吟味するわけです。なお、僕が購入したのは『スペースグレイアルミニウムケースのグレイスポーツバンドのGPS版』です。

本体素材とカラー

applewatch-2017092201

Apple Watch series3の本体素材は三種類。

  1. アルミニウムケース(36,800円〜)
  2. ステンレススチールケース(64,800円〜)
  3. セラミックケース(139,800円〜)

Apple Watchは素材と付属バンドによって大きく価格帯が変わってきます。僕の場合だと初代はステンレススチールケースでしたが、今回のseries3ではアルミニウムケースへと素材グレードを下げましたw

初代モデルが発売された当時、『スマートウォッチといえども時計。長く使うだろう。だからちょっと良い買い物をしよう。』という考えからステンレスケースを選びました。しかし、実際には約2年半で買い替えることになりますw

当時は「来年発売されるApple Watch2では、内部だけ最新のものにできる可能性がある」なんていう変な噂がありました。それも初代でステンレスケースを選んだ理由の一つになっていた気がします。この噂は、18金製のApple Watch Editionが100万〜200万円超えという驚きの価格帯でもあったがゆえの噂なんでしょうね。

Apple Watchは最先端コンピュータであって、腕時計とは全くジャンルの違うものなんだなって改めて実感させられました。ブランド物の腕時計を買ったなら、メンテナンスさえすれば何年も使えます。対して、コンピュータであるApple Watchはそうもいかないわけです。スマホやPCと同じく製品寿命が短いものです。

僕はおそらく2年に1回ペースでApple Watchを最新のものに買い替えていくと思います。そのペースならば一番安いアルミニウムケースを買い替えていこうというわけです。

本体からカラーは4色から

正確には4色ではありません。同じブラック系のカラーでも、アルミニウムケースならマットな質感のスペースグレイ、ステンレスケースなら艶のあるスペースブラックというように本体素材によって呼び名が変ります。ここではザックリ書きます。

  1. シルバー系
  2. ブラック系
  3. ゴールド系
  4. ホワイト(セラミックモデルのみ)

カラーはお好みで選択という感じですね。

初代でステンレススチールのシルバーを選択したので、series3はブラックアルミニウムを選んでみました。

バンド選び

Apple Watch series3では、グレイスポーツバンドを選びました。バンドは後から追加購入が可能で、純正以外のバンドもAmazonなどのネットショップで安価に入手可能です。

Apple Watch series3を選ぶ際の最重要ポイント!GPSモデルかGPS+Cellularモデルか?

applewatch-2017092201

Apple Watch series3にはGPSモデルとGPS+Cellularモデルが存在します。GPSモデルはiPhoneとBluetoothで接続、Apple Watch単体ではデータ通信を行うことができません。

一方、GPS+Cellularモデルは、series3最大のセールスポイントとなっているApple Watch単体でのデータ通信が可能です。携帯電話会社のオプションサービスに入ることで、Apple Watch単体での通信が可能となりました。(オプション価格はドコモが月額500円、auとソフトバンクは月額350円)

GPS+Cellularモデルは格安SIMで使えない…

セルラー版を欲しかったところですが、GPS版を購入せざるを得ない状況となりました。その理由は、先日までソフトバンク契約していたのですが、2年契約更新を迎えたため、格安SIMのLINEモバイルへMNPをしたわけです。

(MNP=携帯番号をそのままにキャリアを移るサービス)

これが裏目に出てしまいます…

現在、セルラーモデルに対応しているのはドコモ、ソフトバンク、AUの大手3キャリアのみ。格安SIMには対応しておらず、セルラーモデルを購入しても無意味なのです。今後対応してくれることを願っております(T . T)

Apple Watch単体で通信できるCellilar版は夢が広がりますね〜。ちょっとコンビニに買い物なんて時、iPhoneは置いてApple Watchだけ身につけていけば良いし、ランニングをする人、スポーツをバリバリやるぜって人にも最適ですよね。最近なんかはプールでApple Watchを着用したまま泳げるところも増えてきているようです。

まぁ、実際には日常のほとんどでiPhoneとセットで持ち歩くわけだし、GPSモデルで十分だ…と自分に言い聞かせています( ;∀;)月々の通信費もかからないしね…

おわりに

第三世代モデルのApple Watchは製品として成熟してきた感じです。Apple Watchに限らず、家電やガジェット全般は三年目/第三世代から成熟してくるとよく聞きます。Apple Watchを初めて購入という人にも好適な時期と言えそうです。

apple-watch-watch-os4-2017-0925

僕のように初代モデルを使っている人は大体がモッサリ動作でストレスを抱えていますw初代では対応していなかったお店や自販機、駅の改札でのApple Payも使えますし、比べものにならないほど爆速になっているだけでも買いではないでしょうか。

Apple Watch series3が届き次第、開封レビュー・使用感などを別記事で紹介予定です!

超たのしみですよ( ´▽`)

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Youkan Labo , 2017 All Rights Reserved.