ブログを2年半運営して感じること→記事(コンテンツ作り)が何よりも大事だという単純なこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ガジェットネタ多めの雑記仙台ブロガー「ヨウカン(@youkan0302)」です。当ブログ“Youkan Labo(ヨウカンラボ)”を2015年を開始、もうすぐ2年半となります。実は先日までブログ疲れを起こして休業しておりました。

この時期、本来なら当ブログはガジェットネタがメインなので、iPhone8やiPhone Xについて書くべきなのですが…

今回はブログ疲れからのリハビリ記事。僕が2年半ブログ運営をして気がついたことを書いてみようかと思います。

(2017/09/16→文章がめちゃめちゃだけど、とりあえず公開!)

僕がブログを始めた理由と目的

microsoft-universal-foldable-keyboard06

僕がブログを立ち上げた理由は二つ。一つは興味のあるアップル関連・ガジェットに関することを書きたかった。二つ目にブログマネタイズに興味があったため。

そもそもブログでどうやって稼ぐの?その仕組みを簡単に解説

ブログでのマネタイズ方法は大きく分けて二つ。

・広告をクリックしてもらうとお金が発生する仕組み(Googleアドセンスなど)

・広告先へリンクを踏んで貰い、その先で購入してもらうと報酬発生。(Amazonや楽天、※ASP各社)

※ASP・・・ブログやウェブサイトと企業広告の仲介をしてくれるのがASPと呼ばれる会社。(A8やバリューコマースなど)

ブログでお小遣いを稼ごうと考えたら、これらの仕組みを導入すればOKです。

僕の失敗:人の欲望は怖い。記事(コンテンツ)を重視しなければならないのはわかっていたはずが…マネタイズという欲望まっしぐら!

素材1

当ブログ開設当初、「読者さんのためになる情報をバンバン載せてマネタイズもうまくやるぜ!」って思いで始めたわけです。

そんな近いも虚しく…早速失敗をやらかすことに…

ブログ初心者でありがちな、面白いコンテンツもないのに”マネタイズ”にだけ走ってしまう。ええ。2015年当時の僕がそうでした。

ブログ最初期はオリジナルの写真や考えを入れた記事を投稿していました。しかし、次第に…「例:●●(某人気PCメーカー)、最大30%OFFのお得なセールを期間限定で開催中!」といった300文字程度の記事を数多く掲載するようになってしまいました。広告記事を書いて、ゼニを稼ごうという魂胆ですね。

もちろん広告記事だけではなくて、アップル関連のニュース記事も載せていました。しかし、こちらも500文字程度のペラ記事でした。(現在はほぼ削除済み。)

これが僕のやりたかったことなのか?

こんなペラペラ記事を日々作成。収益もモチベーションも上がるはずがありません。そんなこんなでブログの軌道修正を考え始めたのが2015年末だったと記憶しています。

”読者のため、面白い・有益・役立つコンテンツを作らなければならない”

素材9

失敗を経て分かったことは、ブログ運営をする上で最重要となるのが、“読者の役立つ情報を発信するという超基本的なことでした。ブログがマネタイズ目的であろうがなかろうがコンテンツは超大事です。

ブログで良いコンテンツを作るのは非常に重要。例えるなら、僕はNetFlixに喜んでお金を払う。NHKには払いたくない

例えが悪いけど、他に思いうかばなかったので…

あくまで僕の中での「NHKとNetFlix(動画配信サービス)」の関係。個人的にはNHKには興味の湧くコンテンツがないため不要です。もし、払わなくていいなら受信料は払いません。

対して、NetFlixは自らお金を支払って契約しています。僕がNHKにお金を払いたくないのはコンテンツに不満を感じているからで、NetFlixにお金を払ってでも楽しみたいコンテンツが山ほどあるため契約しています。(NHKは強制的に徴収しようっていう考えは捨て、スクランブル放送→ユーザーが喜んで支払うコンテンツを作ればいいと思う…)

これってブログコンテンツを作る上でも通じる部分があるんじゃないかなって。面白い記事や考察の鋭いレビュー記事、製品を超楽しそうに使っている人のブログを見ると、この人からなら買ってもいいかなってなりますもん。

対して、以前の僕のように「例:●●(某人気PCメーカー)、最大30%OFFのお得なセールを期間限定で開催中!」といったペラ記事だけ量産したブログからは、「よし!買うか!」とはほぼあり得ません。ペラペラの広告記事200〜300記事も量産したことのある僕が言うので間違えありません(汗)

読まれるブログを作りたい!収益を得たい!→ペラ記事はNG。納得のしてもらえる記事を書かなければならない

レビュー記事を書いてマネタイズしようと考えたとき、レビュー内容を書く→最後に広告をポチっと押してもらって購入してもらうわけです。

僕は修行中の身なので、まだまだ購入してもらえるような鋭いレビュー記事は少ないです。それでもよく売れる商品のレビュー記事はあり、分析してみると見えてくることがありました。それはSEOで検索上位表示できたからとか難しいものではなく、商品の良いところも悪いところも含め、リアルな使用感を伝えるということ。

その売れている記事の内容は、『Aという製品を実際に使ってみたけど、ここがダメだったからBという製品を買えば良かった』というもので、実際にBという製品がコンスタントに売れいます。まぁ、雀の涙ほどの収益にしかなりません。

ブログでマネタイズって意識して行わないとダメな部分は当然あるけれど、何よりもレビューした製品を買おうとしている読者さんがどんな悩みを持っているだろうか?その製品気になっているけど、その部分はどうなっているのか写真で確認したいなぁーとか…どこまでも読者目線に立って文章を書いたり、写真を記事内に入れ込む。売れる記事ってそうなのかなって今は思います。

終わりに

ブログ疲れからのリハビリ記事。これまでも酷かったけど、ブログ疲れによりさらに文章を書く力が衰えているよ…

とにかく今はコンテンツ充実・何よりも自分が書きたいことを楽しく書くことを大切にしよう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Youkan Labo , 2017 All Rights Reserved.