宮城県仙台のブロガー「ヨウカン」が気になった情報を発信するブログ。アップル製品やガジェット情報・レビュー、東北ネタ(主に仙台近郊)をメインにお届けします

【レビュー】デロンギオイルヒーター HJ0812を使い始めて2年目突入!使用感・感想など

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

こんにちは。ヨウカン(@youkan0302)です。

2017年12月。仙台も寒さが厳しくなってきており、早朝の気温はマイナスという日も増えてきました。寒くなると起きるのがめちゃめちゃ辛くなります。しかし、我が家では去年あるものを購入したことにより、朝起きるのが辛い問題を解消することができました。

そう、あるモノとはデロンギのオイルヒーターです。購入のキッカケは、口コミか雑誌で、“赤ちゃんのいる家庭にはオイルヒーターが良い”という情報でした。本格的に寒くなってきたので気になっている方も多いようです。そんなわけで、使い始めて2年目となるデロンギオイルヒーター「HJ0812」の使用感・感想を再レビュー。

デロンギオイルヒーターを使い始めて2年目レビュー!

まずは言いたい”部屋が暖まらない問題”について

オイルヒーターを使おうかなって考えている人の多くが心配しているのは、『そもそもオイルヒーターで部屋を暖めることは可能なのか?』ということではないでしょうか?結論から言えば、正しく使えばめっちゃ暖かくなります。布団なんかいらないほどにポッカポカです。

ネットでデロンギのオイルヒーターについて検索すると”部屋が暖まらないダメな製品”という情報を目にしますが、設置方法に問題があったり、部屋の大きさにあった製品を使用していない、すぐに暖まるモノだと思い込んでいるなどなど…

大丈夫です。デロンギのオイルヒーターなら部屋を暖めることは可能です。でも、石油ストーブやエアコンのように速攻で暖めるのは無理です。また、オイルヒーターを上手に使うにはちょっとしたコツがあります。

delonghi01

(図:デロンギ公式より引用)

オイルヒーターの使い方は設置場所が超重要で、冷気が侵入してくる場所に置くことです。つまり窓際ですね。その上でカーテンをしっかり締めて外からの寒い空気を遮断、さらに我が家では窓枠に梱包材のプチプチを一冬貼り付けていました。(ホームセンターなどで買える窓際の断熱シートでもOK。プチプチが一番低コストだと思います。)

オイルヒーターを上手に使うコツは設置場所と如何に冷気の侵入を防ぐかということです。

オイルヒーターって使い方難しそうだけど → 大丈夫。簡単です

delonghi-oilheater-hj0812-2016-11-2805

我が家のオイルヒーターはアナログ方式なので、まずはサーモスタットと呼ばれる温度調整ダイヤルの設定が必要です。サーモスタットのダイヤルの数字が大きいほど部屋が暖かくなります。アナログ式だと温度が分かりづらいのが難点ですが、一冬使うと体感で自分に合った温度が見つかります。

delonghi-oilheater-hj0812-2016-11-2806

サーモスタットで温度設定をしたらスイッチをオンにします。スイッチが二つ付いていますが左側が700ワット、右側が500ワットの電力スイッチになっており、両方オンにすると1,200ワットの電力でオイルヒーターを温めてくれます。

オイルヒーターは温まるまで時間がかかるので、就寝の1〜2時間ほど前に1,200ワットのフルパワーで温めておきます。そして、就寝直前にサーモスタットのダイヤルで温度調整(我が家は4か5)をして、左側の700Wスイッチをオフ。朝までは右側の500Wスイッチだけをオンにして室内温度を維持するという使い方をしています。

オイルヒーターの電気代について

オイルヒーターで心配になるのがやはり電気代です。デロンギ公式によると、我が家で使っているオイルヒーター「HJ0812」は、8畳の部屋では1時間平均11円とのことでした。あくまでもベストな場所に置いた時の数値でしょう。

「HJ0812」には節電モードが搭載されているので、自動的に電源がON/OFFを繰り返して設定温度を保ってくれます。節電の意味でもオイルヒーターの設置場所は超重要で、冷気の侵入を許してしまうと部屋を温めようと節電モードには入ってくれません。その分、電気代はかかるし、室内温度にもムラが出てしまいます。

今年も大活躍してもらおう!

“赤ちゃんのいる家庭にオススメ”という情報をキッカケに我が家は購入したわけですが。正直、この辺はどうかなーと。赤ちゃんは乾燥肌の子が多いようです。うちの子もしょっちゅうポリポリ掻いてるし…デロンギのオイルヒーターはあくまでエアコンよりも空気が乾燥しにくいのであって、乾燥対策にはもう一工夫必要かと。加湿器を一緒に使うと良い感じですね。

今年でオイルヒーターを使い始めて2年目ですが、月に数千円のランニングコストはもちろん発生します。多少コストがかかるとはいえデロンギオイルヒーターを使うメリットは多く…

  1. 燃料補充やフィルター掃除といった面倒なメンテナンスは必要なし。(気が向いた時に本体表面のホコリをササっと掃除する程度でok)
  2. エアコンよりも空気が乾燥しにくい
  3. ポカポカとした優しい暖かさ(壁面も暖められるのでエアコンよりも体感温度が高い)
  4. 本体の移動が楽

正しく使えば生活を快適にしてくれる製品なのでオススメです。

去年のレビュー記事はこちら→デロンギ オイルヒーター「HJ0812」レビュー!赤ちゃんのいる家庭にオススメ!

この記事を書いている人 - WRITER -
宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

Copyright© Youkan Labo , 2017 All Rights Reserved.