【初めての子ども】親の実感が湧かなくて不安なパパへ。”大丈夫!子どもと過ごしていく中で湧いてくるよ”

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

こんにちは。ヨウカン(@youkan0302)です。

おかげさまで娘が7ヶ月を迎えました。僕は元教員なので、子どもの成長過程における知識はあるけれど、子育てはど素人。不安やら焦りが盛り沢山な7ヶ月を送りました。(今もですがw)

さて、今回は新米パパ・ママ(特にパパ)なら悩むであろう、「親としての実感が湧かない」という話をしてみようかと思います。

この悩みは、娘が生まれてくる7ヶ月前に僕も抱えており、「父親としての実感が全くない」というのは如何なものかと日々考え込んでいました。「子どもを愛し、育てていけるのか?」と、不安を覚え、「父親 実感」とか「親 実感 わかない」などと検索した記憶がありますw

娘が誕生してから7ヶ月たった今、“父親としての実感が全く湧かない”という当時の僕の悩みに対する答えが見つかった気がするので記事にしました。この記事は、僕と同じように“親の実感が湧かない”と、お悩みのあなたへ向けて書いていきますよ。

父親としての実感がないけど、いつ湧くの?

赤ちゃん-素材

まず一般論から。親としての実感を抱くのは個人差があると言われています。例えば、奥さんに子どもができたと分かったとき、奥さんのお腹が大きくなってきたとき、産まれた赤ちゃんに実際に出会ってからなど、様々なタイミングがあり、人によって違いがあります。

さて、僕の場合はどうだったかというとですね…

立ち会い出産で我が子に出会ってからも実感はゼロ。でも、自分の血を引く子が誕生したという不思議な感覚はありました。

その後も実感は湧かなかったけど、子どもへの愛情が日に日に大きくなってきた

赤ちゃん-素材

気がつくと、仕事の休憩時間や外出先では、スマホに入れた子どもの写真や動画をみて、ほっこりした気持ちになったり、ニヤニヤと気持ち悪い笑みを浮かべる僕がいました。次第に、家に帰るのが超楽しみになってきましたよ。奥さんは冷たいけどね…

子どもと過ごす時間が増えるにつれ、徐々に愛情が形成されてきたのだと思います。しかし、「親としての実感」は相変わらずゼロのままでした。

7ヶ月たった今思う。”親としての実感”とは愛情のことなのでは?

愛こそすべて。愛があれば何でもできる。ってどこぞで聞いたことがあります。

映画で家族が人質に取られるシチュエーションがあります。「俺はどうなってもいいから子どもの命は助けてくれ!」というやつですね。今の僕ならそのセリフを言えます。

7ヶ月経った今も「親の実感」って何だろうって思います。僕なりの答えとしては、子どもへの愛情。それが親の実感なんじゃないかなって、最近思うようになりました。愛情があるからこそ、心配になるし、他人から見たらどうでも良いちょっとした子どもの成長がものすごい喜びを感じます。最近なんか、一人座りができるようになっただけで涙出そうになりましたもん(汗)

僕が言いたいこと。これから新米パパ・ママになる方へ

素材24

「親の実感」とか難しいことは考えず、産まれてきたばかりの子どもとの時間を存分に楽しみましょう。たくさんの時間を子どもと過ごすことで、愛情がグーンっと形成されてきます。愛情があるからこそ、子どもの将来を考え、責任ある行動をしてあげられるのだと思います。

「我が子への揺るぎない愛情=親としての実感」であると、今の僕は考えています。僕が今「親としての実感はある?」と聞かれたら、「う〜ん…」って言ってしまいます。親の実感に対する考えは今後変わっていくかもしれないし、変化は変化でそれを楽しみたいと思います。

子どもの人格の形成には、「遺伝的要因」、「社会的背景(戦時中とかそういうの)」、「育った環境」が関わるとされる説があります。その中でも「育った環境」が最も人格形成に関わります。娘が生まれたとき、教員生活30年以上の父から受けたアドバイスを思い出しました。「う〜んっと!愛情を込めて育ててあげなさい。」と。

愛情を存分に注いで子育てしていこうと思います。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。