34インチのウルトラワイド曲面ディスプレイ「34UC88-B 」レビュー!(仮)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

こんにちは。ヨウカン(@youkan0302)です。自宅の作業用デスク新しくしたばかりなのに…ちょっとブログを休んでいましたw

さて、「15インチ MacBook Pro 2016」の外部ディスプレイとして、LGのウルトラワイドディスプレイ「34UC88-B」を購入・設置してみたのでご紹介します。

34インチディスプレイ「34UC88-B」 を選んだ理由

「27インチiMac」から、「15インチ MacBook Pro 2016」へ乗り換えた訳ですが、どうしても画面が窮屈。そんなことから、外部ディスプレイを探していました。

そこで気になりだしたのが、LGのウルトラワイドディスプレイ「34UC88-B」です。アスペクト比21:9という癖のある製品なのですが、作業領域がとてつもなく広そうという理由から選びました。また、「34UC88-B」は普通のフラット液晶ではなく、カーブディスプレイを採用しているため、映像などを見るときの没入感がいい感じの製品です。

パッケージめっちゃデカイ

lg-34uc88b01

写真じゃ伝わりにくいのですが、非常に大きな梱包パッケージです。左下にiPhone7 Plusを置いて比較してみました。

開封!

lg-34uc88b02

パッケージが大きので開けるのも一苦労しそうな予感がしますよ。

lg-34uc88b03

まずは、ケーブル各種が登場。ケーブルとその下の発泡スチロールをどかすと…

lg-34uc88b04

「34UC88-B」の姿が見えてきました。本当にカーブしている。想像以上の曲がり具合ですぞ!

組み立て(スタンド取り付け)

lg-34uc88b05

組み立てといっても、付属スタンドを取り付けるだけの簡単作業。

lg-34uc88b07

スタンドの脚をコイン(1円玉でも10円玉などの硬貨)を使って固定。

lg-34uc88b08

最後に「34UC88-B」背面にスタンドをガチャンとはめ込んで完成。

接続ポートをチェック

lg-34uc88b10

接続ポートは背面にまとまっています。

  • Display Port×1
  • HDMI×2
  • USB3.0端子 
  • ヘッドホン端子×1
  • 電源用ポート

設置

lg-34uc88b11

ひゃー。デカイ!

写真奥に見えるのが27インチiMacです。 「34UC88-B」は可変スタンドを搭載しているので、可動域内であれば自由に高さ調整が可能。(写真は一番高くした様子)

lg-34uc88b12

スタンドの高さを一番低くするとこんなもんです。

lg-34uc88b13

27インチiMacと並べるとこんな感じ。「34UC88-B」は超横長ディスプレイだと分かります。縦方向は27インチiMacと同程度。

「34UC88-B」実際に使ってみた感想

lg-34uc88b15

電源を消した状態だとベゼル枠が大きく感じるのですが、実際に使ってみると、フレームレスと行かないまでも、かなりの極細。

とにかく作業領域がめちゃめちゃ広いので、動画編集やExcelのワークシートを広々と使えていい感じです。例えばブログを書くときは、ブラウザ・PhotoShop・テキストエディタ・記事プレビューなど、複数のアプリケーションを使う訳ですが、画面をいったりきたりせず作業できるので快適です。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -