【気になるニュース】”米CIA、エイリアンやUFO”に関する報告書を機密解除!?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

テレビのニュースでも放送されていたのですが、CIA(米中央情報局)が1978年の調査報告書を公式に掲載しました。個人的に気になったのでご紹介。【リンク】CIA アーカイブ:UFOs:Fact or Fiction?

果たしてUFOやエイリアンは存在するのか?

スクリーンショット 2016 02 03 0 45 14
CIAが公開した公開した画像

明らかとなったのは古い報告書ですが、興味深いですね。公開された画像は如何にもフェイク写真に見えてツッコミたくなりますが…

この文書によると、諮問委員会のメンバーは、52年から寄せられていた複数の目撃情報について、信頼できるデータや合理的な説明がないことをめぐり議論。UFOの目撃情報が国家安全保障上の直接の脅威につながることを示す証拠は存在しないとの結論を、全会一致で下した。「空飛ぶ円盤」や「光る球体」については、軍用機や氷の結晶に反射した光などにより説明できるとしている。(CNN.co.jp)

今回の件について調べてみると、国家安全上の理由から公開されていないファイルもあるようです。

ヒラリー・クリントン氏の選挙公約『私が大統領になったら、エリア51やUFOの情報公開を行う!』

アメリカでは次期大統領選挙が始まりましたね。ヒラリー・クリントン氏の選挙公約の一つが『エリア51やUFO』の詳細を明らかにするとのこと。面白い選挙公約ですよね。仮にクリントン氏が大統領になり、『調査の結果、UFOやエイリアンの存在は確認できませんでした。』となっても公約は守られるわけです。

エリア51
2013年だったと思いますが、CIAが地図に載っていない秘密基地である『エリア51』の存在を公式に認めています。真相は明らかではありませんが、ステルス戦闘機の開発など軍事的に重要な基地であるとの見方が強いようです。

過去、日本国内では石破防衛大臣がUFOについて発言している。

さて、今回のCIA情報公開の件やヒラリークリントン氏の公約など、2016年は真実が明らかになるかもしれません?!

【良かったらこちらもどうぞ】
面白かった!!映画『エリア51』レビュー!あの話題の秘密基地に潜入だ!

地球とよく似ている星を発見!「ケプラー452b」。どれだけ遠いのか考えてみる。

宇宙人によるアブダクトを描いたクールな映画!『 E/T エクストラ テレストリアル』観ました!!レビュー!!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。