2016/08/02

“PlayStation VR” 10月発売で44,980円!!VR専用の『スター・ウォーズ』も発売されるぞ!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

2016年は本格的にVR時代が到来しそうだ。いよいよPlayStation VR の発売時期、価格が決定した。

ソニー・コンピュータエンタテインメントは、「プレイステーション 4」対応のバーチャルリアリティ(VR)システムPlayStation VR(プレイステーション ヴィーアールを2016年10月より、日本、北米、欧州、アジアにてそれぞれ希望小売価格44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンドで発売すると発表した。

【リンク】
PlayStation VR オフィシャルサイト

プレスリリース

PS VR向けソフトウェア開発には2K GamesやUBIなどの大手ソフトウェアメーカーからインディーズ作品まで、230社以上が参入を表明しているとのこと。2016年末までに50本以上の幅広いジャンルのタイトルを発売予定。

またPS VR版『Star Wars バトルフロント』の発売も予定されているため、個人的にはものすごく気になっている。

PlayStation VR 付属品

psvr2016-03-16_2103

  • VRヘッドセット× 1
  • プロセッサーユニット× 1
  • VRヘッドセット接続ケーブル× 1
  • HDMIケーブル × 1
  • USBケーブル× 1
  • ステレオヘッドフォン(イヤーピース一式)× 1
  • 電源コード× 1
  • ACアダプター× 1

PlayStation VRのスペック

psvr-2016-03-16_2140

商品名 「プレイステーション ヴィーアール」
型番 CUH-ZVR1シリーズ
発売日 2016年10月
希望小売価格 44,980円/399USドル/399ユーロ/349ポンド
外形寸法
  • VRヘッドセット:約187 × 185 × 277 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く、ヘッドバンド長さ最短)
  • プロセッサーユニット:約143 × 36 × 143 mm(幅×高さ×奥行き、最大突起部除く)
質量
  • VRヘッドセット:約610 g (ケーブル含まず)
  • プロセッサーユニット:約365g
ディスプレイ方式 OLED
ディスプレイサイズ 5.7インチ
ディスプレイ解像度 1920×RGB×1080
(左右の目それぞれに960×RGB×1080の映像を表示)
リフレッシュレート 120Hz、90Hz
視野角 約100度
搭載センサー 6軸検出システム (3軸ジャイロ・3軸加速度)
接続端子
  • VRヘッドセット:HDMI端子、AUX端子、ステレオヘッドフォン端子
  • プロセッサーユニット:HDMI TV端子、HDMI PS4端子、USB端子、HDMI端子、AUX端子
プロセッサーユニット機能 3Dオーディオプロセッシング、ソーシャルスクリーン(ミラーリングモード/セパレートモード)、シネマティックモード

VR製品でライバルとなる『オキュラスリフト』が約10万円ほどの中、PS VRは44,980円(税抜)とお求めやすい価格かもしれない。しかし、PS VRの利用にはPS4本体、PlayStation camera(実売5,000円程度)が必要なため敷居は高い。

記事中でも書いたように、『スター・ウォーズバトルフロント』が登場するとのことで僕は買うかもしれない。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -