2017/01/18

格安でスマホ運用!でも「MVNOって何?」「SIMフリー?」基本的な用語解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

2015年5月からSIMロック解除が義務化され、SIMフリー」という言葉に注目が集まってきています。一部例外はありますが、MVNOが販売する「セット販売スマホ」はほとんどがSIMフリーだと考えていいです。実は日本国内で販売しているアップルのiPhoneに関してもSIMフリー版とSIMロック版があるのです。

ここまで読んでみていかがでしたでしょうか!?

「何言ってんだ。こいつ。」という方はまだまだいます。

【用語解説】次の3つのワードを理解すればOKです!

「MVNO」
仮想移動体通信事業者です。簡単に説明をすると大手キャリア(ドコモとか)の回線を借り受けてサービスを提供してくれる会社です。格安の通信サービスを提供してくれる会社と覚えればOKです。最近だとコンビニやショッピングモール、家電量販店などで格安で使えるSIMカードを売っていますよね。また、ショッピングモールのイオンでは、「イオン携帯」という端末とSIMカードのセット販売も見られるようになりました。


「SIMロック」

これまでは、docomo,softbank,auの大手キャリアから販売されている端末には、SIMロックという鍵がされています。例えば、ドコモで買った端末をソフトバンクで使うことは無理でした。反対にソフトバンクで購入した端末をドコモやauで使うことも無理です。契約したキャリアでしか使えないようにロックされていたのです。ニュースで報道されたSIMロック解除の義務化というのは、自分の会社でしか使えないように鍵をするのは止めましょう!ということです。大手キャリアとしては、端末だけ購入されて、契約をすぐに切られるのは痛手なので契約から180日間経過しないとSIMロック解除には応じないという方針です。

 

「SIMフリー」
SIMロックが解除されている端末のことです。基本的に自分の好きな通信会社と契約できます!スマートフォンだけではなく、他にもSIMフリーのタブレットやPCなどもあります。

MVNOの格安SIMカードを使うことのメリット・デメリット

【メリット】

・キャリアの料金プランよりも格安に通話やデータ通信を利用できる。

・業者間の競争が激しいので、次々と良いプランが出ていてプランが豊富。(大手キャリア三社だと談合でもしてるんじゃないかというぐらいにプランが似ている・・・)

【デメリット】

・キャリアメールが使用できない。(@docomoとか@softbank)

・どのMVNOでどのプランを選んだら良いのか多すぎて分からなくなる。

【こんな方におすすめ】

・スマートフォンの通信費を節約したい。

・通話はガラケーだけど、ネットや動画サービス用などにスマホが一台欲しい。(データ通信だけのプランもあります。)

【まとめ】 格安でスマホを使うには

お問い合わせはこちら

「SIMフリーの端末(スマホ、タブレットなど)」+「格安SIMカード」が必要となります。

関連記事:【格安SIMまとめ】話題のMVNOで格安スマホ運用♪

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Youkan Labo , 2015 All Rights Reserved.