2016/03/06

現時点では最高峰!?人気モバイルルーター 『Aterm MR04LN』 購入レビュー

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

先日の「アマゾン家電セール祭り」で人気モバイルルーター『Aterm MR04LN』を購入しました。購入を考えている方の参考になれば思います。アマゾンでは充電クレードル付きが27,000円、本体のみのモデルが24,840円で販売されています。(2016年3月1日現在)

 

人気のWi-Fiモバイルルーター Aterm MR04LN クレードル付属モデルをAmazonで購入

Aterm-MR04LN-2016022902

Amazonのタイムセールで安く購入できました。『Aterm MR04LN』は雑誌や価格.comの売り上げランキングでも1位を取るなど人気のモバイルルーターです。

Aterm-MR04LN-2016022903

パッケージはエアクッションで保護されて届きました。

OCN モバイル ONE データ専用SIMが付属してきた

Aterm-MR04LN-2016022904

Amazonで購入するとOCNモバイルのデータ専用SIMが無料で付属してきましたが、契約/利用手続きをしなければ利用料は発生しません。使わない方はそのまま放置でOKです。

モバイルルーターはSIMカード用意しないと単体では使えないため、SIMカードを持っていない方は同梱のOCNを使ってみるのも良いでしょう。その理由は月1回好きなプランを選べる、2年縛りや契約解除料がかからないため。(記事執筆時)

Aterm-MR04LN-2016022907

パッケージを開けてみると早速本体とご対面。

Aterm-MR04LN-2016022908

パッケージの底にクレードルやLANケーブルが入っていました。

『Aterm MR04LN』 同梱物一覧

Aterm-MR04LN-2016022909

  • Aterm MR04LN 本体
  • Aterm MR04LN 裏蓋
  • バッテリー
  • 充電クレードル
  • ACアダプタ
  • micro USBケーブル 1本
  • LANケーブル 1本
  • マニュアル

Aterm MR04LN の裏面をチェック!micro SIM 2枚挿しが可能

Aterm-MR04LN-2016022910

micro SIMが2枚入る仕様になっています。切り替えはショートカットメニューから簡単に切り替えを行うことができます。

U-mobile-2016022911

試しにWindows Phone MADOSMAに挿入しているU-mobileのSIMカードを入れてみます。U-mobile SIMに限った話ではなく、APN構成プロファイルがプリインストールされておらず、手動で設定が必要でした。APN構成プロファイルがプリインストールされている/されていない端末があるようです。この違いは原因不明。

バッテリー容量はイマイチ

Aterm-MR04LN-2016022912

バッテリーパックは2,300mAhとそれほど多くはないです。1日中外で使う場合、モバイルバッテリーも一緒に持ち歩くと安心でしょう。

Aterm-MR04LN-2016022914

背面の蓋はザラザラとした質感でプラスチック。

充電クレードルに乗せてみよう。

Aterm-MR04LN-2016022932

クレードルにはイーサネットポートが一基、充電用のmicro USB端子が付いています。PCとの有線LAN接続をしながら充電可能。また、ブロードバンド環境がある場合には、クレードルと既設のルータをLANケーブルで接続し、MR04LNをブリッジモードにすることで、Wi-Fiホームルーターとしても利用可能。

クレードルを使えば、わざわざmicro USBケーブルを本体に繋げずに楽に充電できますが、必要性はあまり感じられないのが本音。Amazonでの現時点の価格は、クレードル付属モデルが27,000円/付属しないモデルが24,840円となっています。クレードルを使えば有線LAN接続が可能ですが、使用頻度はものすごく低そうです。

 MR04LNのディスプレイ表示や前面の質感

Aterm-MR04LN-2016022931

クレードルに MR04LNを載せてみたところ。ディスプレイ表示も横置きに対応しています。ディスプレイは2.4インチのタッチパネルになっています。前面は鏡仕立てなので指紋が目立つのは気になるところ。ディスプレイのホーム画面に表示される情報は『時刻、データ通信量、バッテリー残量、回線状況、接続台数、2.4Ghz帯/5GHz帯表示、使用しているSIMポート』が表示されます。

終わりに 

『MR04LN』ポケットWi-Fi以来のモバイルルーターなのですが、ブログ更新、ネットサーフィン、YouTubeなど動画視聴は問題なく行えました。

デュアルSIM対応、Bluetoothテザリング(DL速度は3Mbps制限されるがバッテリー持続時間が大幅アップ)の対応、複数の周波数帯を束ねることで高速無線通信を可能にする「キャリアアグリゲーション」に対応しているため、通信速度・安定した通信が可能であるなど、最強と言われるだけの要素は兼ね揃えています。

【 Aterm MR04LN と一緒に購入したモノ】
コクヨ 『バッグインバッグ Bizrack A4』購入レビュー!モバイル機器やノートPCを綺麗に収納!

立てて使えるコクヨの人気ペンケース『ネオクリッツ』 購入レビュー!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -