2016/02/01

【海外ドラマ】100 ハンドレッド 第1話見ました。レビューその1

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

1話だけ早速見たので簡単な解説と感想。

核戦争から97年。核はで汚染された地球から離れ、人類はアークと呼ばれるという宇宙ステーションにて暮らしています。しかし、アークは人口増加や食料危機など様々な問題に直面しています。アーク内の法律はかなり厳しく、どんな小さな罪も処刑となります。物資がなく人口を削減したがいためですね。(ただし18歳未満は少年院に収容される。)

深刻な物資不足により、あと4ヶ月ほどでアークは破滅してしまいます。主人公クラークを含む100人の少年院収容者を地球に下ろしたあとに「1ヶ月アークの寿命が延びた」という台詞があったので、生き残ってる人類は多くないようですね。

そこでアーク破滅の危機を何とかするため、地球環境で人間が生きられるのか人体実験を行うことになります。その実験体とされるのが100人の少年院収容者。100人にはブレスレット状の生体センサーが着けられ、アークからモニターされています。 降ろされた100名は、これまた問題のある子たちばかり。2話以降では、地球での過酷なサバイバル生活、人間関係ドロドロが待ち受けていそうで楽しみです。

1stシーズンは全13話構成。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。