iPhone X、3週間使ってみて分かった10のこと【レビュー・使用感・感想】

 

この記事を書いている人 - WRITER -

宮城県仙台のブロガーです。アップル製品や最新ガジェット・ゲームが好き。ゆっくりしていってねー。

ヨウカン

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。ヨウカン(@youkan0302)です。

2017年11月3日に発売された「iPhone X」から三週間が経過しました。今回は実際に使ってみて分かったことをご紹介します。

iPhone X を一週間使ってみてわかった10のこと

1.ディスプレイ

01iphone-x-2017-11-03

(写真:左がiPhone7 Plus、右がiPhone X)

iPhone XではディスプレイにOLED(有機EL)が採用されました。

難しいことは置いといて…実際に使ってみて実感できるのはですね…

開封レビューでもチラッと書いたのですが、一目で分かるほど美しい画面が魅力的です(3週間も使うと何も感じなくなりますがw)。

OLEDって発色がきついとか言われるけど、iPhone Xはよく調整されている印象を受けました。OLEDは黒の発色が綺麗で、今までのiPhoneがグレーだとすると、OLEDが採用されたiPhone Xは黒。従来のiPhoneよりも全体的に優しい色合いであり鮮やかさがあります。太陽光の下でも見やすくていい感じです。

iPhone Xといえば、ほぼベゼル枠のないディスプレイが特徴的です。極細ベゼル枠は現在のスマホ界隈のトレンドで、やっとiPhoneもその波に乗ったわけです。サムスンのGalaxyシリーズを見るたび、「あぁ…iPhoneもベゼル枠がなくなればぁー…」と感じていたので、極細ベゼルは大歓迎でした。

YouTubeで動画再生時、指二本でピンチズームしてあげるとiPhone Xのディスプレイ全面に動画を拡大再生してくれるのですが、没入感が素晴らしいです。ベゼル枠がなくなるだけで、こうにも違うものなのかと。

2.Face ID

今回の目玉機能がFace IDです。顔だけじゃなくて、視線を送ってあげないと解除されません。

指紋認証って、指がぬれていたりすると認証が通らなくてイライラすることが多くありました。特に30代のボクは指先に水分がなくなってきており、カサカサ指に悩まされるお年頃。カサカサ指だと指紋認証がうまく通らないことが多いんです(泣)

対してFace IDの認証精度は抜群で、認証失敗というのはほとんどありません。ただし、マスクで口を覆っていると認証されません。これからの時期、ちと辛いところですね。Face IDは、iPhoneXのロック解除以外にも、アプリ内のパスワード認証や会員サイトへのログイン、Apple Payの支払いといった場面でもFace IDが活用できます。iPhoneXのフロントカメラをチラッと見てあげれば認証解除なので、指紋認証よりも格段に使いやすくなりました。

3.ホームボタンがなくなったけど操作しやすい?

環境適応能力が下がってくる30代。最初はかなり戸惑いました…(笑)

ただ、数日使うと超快適に使えるようになりました。下から上にスワイプするとホーム画面に戻り、画面下を左右にスワイプするジェスチャー操作でアプリ切り替えが超サクサクで従来のiPhoneには戻れないほど。

4.iPhoneXのデザイン→毎度のことながらケースに入れて使うので楽しめていないw

01iphone-x-2017-11-03

iPhoneXの筐体デザインは最高に美しいっす。ボクが大好きなiPhone4シリーズ再来のごとく、ガラス背面は非常にビューティフルで、歴代iPhoneでもトップレベルの美しさじゃないでしょうか。

裸でiPhone Xのデザインを楽しみたいところですが…

しかーし…毎度のことながらケースに入れてしまったのでデザインを楽しめたのは精々数時間(´∀`)なお、今回のケースはアップル純正レザーフォリオを購入しました。「iPhone Xの美しいデザインを楽しみたいぜっ!」って方はクリアケースを使うことを激しくオススメします。

5.iPhone7 Plusから変えて処理速度の速さを体感できるか?

う〜ん。正直ちょっと分かりませんw

ベンチマークテストでは、iPhone7シリーズよりもスペックアップしています。あくまでボクの体感としては劇的にアプリの起動や動作が早くなったとは感じません。実行するアプリによっても違うのでしょうが、スペック的にはiPhone7/7 Plusでも十分と感じます。

6.カメラ→ポートレートモードがめっちゃ楽しい

iPhone7 Plusから登場した”背景ボケ”を楽しめるポートレートモード”がかなり使いやすくパワーアップしました。iPhone7 Plusでは、被写体のまでの距離がシビアに要求されるため使い物になりませんでした。

一方、iPhone Xではピントが合わせやすくなっているので、日常や子どもの写真をバシバシとポートレートモードで撮影しております。また、エフェクトも自然光・スタジオ照明・輪郭強調照明・ステージ照明・ステージ照明(モノ)と5種類に増えたので楽しく撮影しています。

数日前に結婚式に招待されて行ったのですが、ポートレートモードが大活躍でした。バシバシ撮影してきましたよ。これがiPhone7 Plusだったら被写体との距離調整で手間取っている間にシャッターチャンスを逃していたことでしょう。

ポートレートで背景ボケをつけるだけで、被写体の存在感がグーンと増すので、いつもと全く違った写真となります。これからiPhone Xを購入する方は是非ともポートレートモードを楽しんでみてくださいな。

7.ストレージ容量。256GBは必要なかった…

iPhoneXのストレージは64GBと256GBから選択できます。人によって必要なストレージ容量は違うけど、個人的には128GBを用意して欲しかったと激しく思います。iPhone7 PlusやiPad Pro 9.7インチの購入時にも感じたけど、アップルうまいなぁーと。一番下のストレージ容量をわざと低くして、上位モデルを買わせようという戦略なのか(´∀`)

写真や動画をバシバシ撮るには64GBじゃ足りないし、かと言って4K動画を撮影しているわけでもないので256GBも必要なし。4k動画は扱い辛いイメージがあって避けてきたけど、ストレージに余裕があるので今後触ってみようかなと。

まぁ、あれですよ。大は小を兼ねるなので大きいストレージ容量に越したことはありません。

8.iPhoneXへの対応アプリは意外と多かった

iPhoneXのディスプレイサイズに対応していないアプリは上下に帯が入ります。(アプリ自体が使えなくなるわけではないですよ。)

既にTwitterやFacebook、amazonといった有名企業のアプリはほとんどが対応しているし、ボクが最近ハマっているSLPRO X(ブログをiPhoneで更新できるアプリ)、動画系だとYouTubeやNetFlixにdTVも対応。日々のアップデートで続々とiPhone Xのディスプレイに対応しているので不便は感じません。

9.iPhoneXはPlusシリーズよりも手に馴染み、持ちやすい

01iphone-x-2017-11-03

ボクはiPhone6 Plus→iPhone6S Plus→iPhone7 Plusと根っからのPlusユーザーでした。iPhoneXの端末サイズはPlusよりもコンパクトになっているので、手に持ったときの収まりがいい感じです。ただし、これはPlusユーザーだったボクの感覚で、iPhone7(4.8インチ)を使っている奥さんに持たせたところ「大きくて持ちにくい」と言っていました。

なお、本体重量は、iPhone7 Plusは188g、iPhoneXが174gとほぼ変わらず。

10.朗報! iPhoneXはポケットに無理なく収納できる!

個人的にこれがiPhone Xを買って良かったと激しく思える点かな。Plusは画面が大きくて非常に良い端末でした。しかし、Plusシリーズの難点は、その端末の取り回し辛さ。パンツのポケットに入れると形状がくっきりと浮かび上がるし、なんだか違和感を感じていました。そんなわけで必然的にPlusはバッグに入れて使うことがほとんどでした。

iPhone Xはプラスよりもコンパクトになったためパンツへのポケット収納が可能です。

“iPhone Xが難なくポケットに入る”

たったこれだけのことですが、ボクの中ではiPhone Xを買って良かった理由ベスト3にランクイン(´∀`)

おわりに iPhone X、現時点の総評・買うべき製品なのか。

01iphone-x-2017-11-03

次の10年に向けて発売されたiPhone X。発表されたときは、目新しさがなく「う〜ん」と微妙な気持ちにさせられるiPhoneでした。ライバルのAndroidでは既に、Galaxyシリーズを始め、極細ベゼルディスプレイ端末がたくさん発売されてきていたのもあります。

しかし、実際に3週間使ってみると全体的な満足度は非常に高い端末です。Face IDやホームボタンレスの操作は、非常に使いやすく設計されいるので、ここら辺は安心安全のアップルクオリティを実感しております。

極細ベゼルディスプレイは発色よし、没入感よし。パスワード認証にも使えるFace IDも使い勝手抜群、カメラのポートレート撮影も大幅強化と至れりつくせりな次世代iPhoneです。

だけど….万人に薦められる製品ではないなぁーと感じます(´∀`=)

その理由はやはり価格。iPhone XとiPhone 8のどちらを買うべきか友人や知人からよく聞かれます。iPhoneXの価格はMacBookに手が届いちゃうほどです。『アップル製品大好きでMacもiPadも使っているぜ!!』って人にはiPhone Xを全力でオススメします。アップル製品好きな人には満足できる製品です。

実際のところ、iPhoneを使う人の多くがスマホとして機能してくれれば良いわけです。そう考えると割高感は否めません。僕個人の考えとしては、iPhone Xはまだまだマニアの製品かなと。とにかくアップル製品が大好きな人なら買いですが、アップル製品に対して思い入れがないならiPhone8や8Plusをオススメします。

iPhoneだけしかアップル製品を使っていないという方、iPhone Xを買うぐらいなら、iPhone8シリーズ+Apple WatchやMacといったアップル製品を是非使ってみるのはいかがでしょうか!

この提案、ほぼほぼ却下されますが…( ´ ▽ ` )

MacBook買えちゃう価格ですし、iPad Pro+Apple pencilって組み合わせも素敵ですぞ。iPad Pro+Apple Pencilを使い出してから紙とペンを使うことが劇的に減りましたし…

はい。話が脱線しました。価格が高くてめっちゃ迷っているという方は、今年はスルーでも良いかもしれません。何故かというと、来年発売されるあろうiPhone 2018年モデルは、極細ベゼルとFace IDを標準装備、なおかつiPhone8/8 Plusの価格帯で出してくる可能性があります。アップルの新規格モノは、高めの価格設定とされていることが多く、次期モデルから手の届きやすい価格になる傾向があります。(iPhoneも同じ流れとは限りませんが…) 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© Youkan Labo , 2017 All Rights Reserved.